正しい基本姿勢を身につけることは、さらなる上達の早道にもなります

力を意識的に抜いてリラックス

常歩、速歩、駈歩などの運動を行う際に大切となるのは基本姿勢をしっかりと保つことです。特に乗馬に慣れないうちは、リラックスした気分になれないせいか、緊張から身体に余計な力が入り、正しい姿勢がとれていないケースが多く見受けられます。

肩や肘、膝、足首などに入る力を意識的に抜くことで、リラックスした状態をつくりやすくなります。上半身は真っ直ぐにし、腰を前に伸ばすようにして、重心が少し前にかかる感じを作ります。そして、鞍全体に体重をかけるように心がけ、姿勢を安定させるようにします。

馬は頸を動かして前に進むため、この動きについていくために手綱は卵を握るように丸くして柔らかく持つことがポイントです。肩や肘をリラックスさせながら、まず、肘を自分の身体の側面に軽く付けるようにします。

そして、拳を下腹部に置き、肘を閉めたままの状態にして、前に出すようにします。お腹から15cmくらいの距離がちょうどいい拳の位置となります。手綱の持ち方は、小指と薬指の間を通し、親指と人差し指で挟むようにして持ちます。